Google Chromeが重い時の対処方法【メモリ解放】

Google Chromeが重い

Google Chromeで複数タブを使い長時間使っているとメモリを大量に使用し重くなってしまう場合がある。
設定をしていれば、定期的にブラウザを閉じてメモリを開放すれば解決するもののめんどくさいのでメモリ解放の仕方を調べてみました。

Google Chromeのメモリ開放する方法

Google Chromeの設定を変更

Google Chromeは初期の設定で使っているとブラウザを閉じてもメモリを使用したままバックグラウンドで動いているのでメモリが開放されない。
それを解決する方法を紹介する。

①右上のメニューから「設定」をクリック
②一番下までいき「詳細設定の表示」をクリック
③「システム」の「Google Chromeを閉じた際にバックグラウンドアプリの処理を続行する」のチェックを外す

これだけでChromeを閉じればバックグラウンドで動かずメモリが解放される。

拡張機能「Tab Memory Purge」導入

Tab Memory Purge」をしようすることで自動でメモリ解放される。
しかし導入後ブログを書いている方や動画を見ている方は設定をしていないと入力データが飛んでしまったり、動画が止まってしまうことがあるので注意が必要です。

設定方法については後ほど追記します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る