Twitter公式アプリが使いにくくなった人にオススメアプリ「feather」

Twitter公式アプリのUIを一新

ツイッターの公式アプリ+Webサービス全体のUIが一新されました。
管理人が目にする限りでは、「使いにくい」「丸いwwww」というのがちらほら。
個人的にも軽いのは良いとしてもアプリ版の配置が変わったのがかなり残念です。
なんだかんだずっと公式アプリを使っていたのですが、右下にマイページ(?)的な一番タップしていたボタンが左上に移動されてしまったので公式以外のアプリを使うことに…!
普段リストとかをよく使われている方だと左上に追いやられたら端末によっては指がとどかないし最悪ですよね。

そこで今回は実はかなり前から購入していた「feather」というアプリを紹介します。

featherって?

ios版公式Twitter
Android版公式Twitter

公式Twitterをios版とAndroid版を見つけたのでぽいぽいっと貼っておきますね。

で、どんな感じなのよと言われると日本のSNSランキングで1位を獲得しているほど人気なアプリです。
特にios版は人気が高いです!
Android版は…ふっ…これから…これからですよね、featherさん!!

もともと有料アプリですが、最近無料版も公開されたようです。
一部機能制限や広告が表示されるようですが、お試しで使って見るぶんには十分かと思います。

featherの特徴

・好きな画面を登録できるタブ
・更新回数が気にならないストリーミング
・見たくないツイートを非表示にするパワフルなミュート機能
・おしゃれなテーマ
・片手でも操作が簡単なデザイン
・下書きとユーザー名・ハッシュタグの入力補完機能付きの投稿画面

個人的には、かなり軽く下のタブの順番入れ替え、追加・削除ができるところが気に入っています。

featherのダウンロード

ios無料版
ios有料版
Android有料版

featherを使ってみよう

早速アプリを見ていきましょう。
ログインに関しては他のアプリと変わりないので省かせていただきます。

アカウント

ログインが完了するとこの用にアカウントが表示されます。

右上のプラスマークを押すと複数のアカウントも管理可能です。

タブの編集

ここでは普段見る下のタブ(メニュー)の追加や削除、順番入れ替えをすることができます。
普段使わないタブは削除、よく使うタブはタップしやすい場所に移動させることができます。

管理人は、HOMEと返信とリストをよく使うので指のとどきやすい左側に固めています。
皆さんも自分の押しやすい位置に配置してみよう!

設定

ここでは画像のようにテーマの変更ができたり、TLの文字のサイズや定型分の作成や細かな設定を行えます。

いくつかテーマのサンプルを載せておきます。

実際に使う

設定などが終わったら下のタブを左にスワイプすることで、タブの編集で編集したとおりの順番で表示されます。
管理人の画面はこんな感じ。

上記に設定したとおりに反映されています。

タブを右にスワイプすれば何度でも設定を変更できるので自分の使いやすいようにカスタマイズして使おう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る